ずっと前の話

 しかし、これが香川でのさぬきうどん(変な云い方ですが)とのはじめての出会いかというとそうでもなく、学生の頃(32年くらい前)香川ではセルフのうどんやがあるといううわさを聞きつけ、塩江町出身の同級生に高松市内の店に案内してもらって食べたこともありました。
 玉をもらって、ぬくめて、トッピングして、ダシを注いでというのが興味深かったので、店の情景はよく憶えているのですが、食べたうどん自体の想い出はないので、たいしたうどんではなかったのかもしれません。
 また震災前に山陽電車板宿駅近くの「やしま」という夫婦でやっているお店に入ったことがあり、いまから思うと麺も出汁もかなりいい感じだったように思うのですが、そのときはえらい素朴なうどんやなと感じた記憶しかありません。
 最近では伊川谷の「おがた家」、これはけっこう神戸ではマスコミに取り上げられましたから、一回行ったことがありました。

 神戸に帰ってきてからも「うまいうどんが食べたい」と思うものの、そうそう四国に行けるわけもなく、しかたないのでこちらでさぬきうどん(のようなもの、かもしれませんが)を食べられるお店はないか外出するときは注意して歩くことにしました。(ネットに接続していなかったのでなーんも知らんかったんです)
 そんなことで店が見つかるかい、との声も聞こえてきそうですが、なかなか執念というのはおそろしいもんで、加古川の「丸亀製麺」、三宮の「麺座」「すずめ」といったところ、いつもは通らないところを歩くとか1本違う道にちょっと入ってみるとかで、けっこう通りすがりにみつけました。
 ネットに接続してからは、ありがたいもんです、先達のみなさまのおかげで多くの店をたずねることができました。
 また、お店のうどんだけでなく、自分でもうどんを打ち始め、(無惨な出来はいうまでもありません)うどん専用粉の存在を知って購入するに至りました。

f0116347_21124359.jpg

[PR]
by mennnohosomichi | 2007-03-05 21:16 | もっと前の話
文庫版恐るべきさぬきうどん >>